ISO14001

株式会社テー・オー・ダブリューは、2000年12月にイベント制作会社としては全国で初めて環境ISO14001を取得しました。私たちがこの認証を取得した背景とその成果を皆様に知っていただけるようにわかりやすくご紹介していきます。

ISO14001とは

1992年ブラジル・リオで180カ国以上の国家代表が参加して開催された通称地球サミット(地球環境会議)において「地球環境問題」が議論され、人類の子孫に豊かで明るい地球環境を伝承する願いを込めて行動計画「アジェンダ21」が採択されました。この地球万民の願いが集約されたアジェンダ21を的確にフォローする目的で1996年9月に制定されたのが、国際標準化機構(ISO)が定めるISO14000s(シリーズ)『環境マネジメントシステム規格』です。ISO14000sのうちの中核となるISO14001は、環境マネジメントシステム(EMS)をどのように構築すればよいかを定めた仕様書です。ISO14001の序文には、この規格は世界中全ての地域のあらゆる種類と規模の組織に適用できるとあります。

  • TOWのISO
  • 環境方針

私たちとISO14001

JISが定める規格では「組織が適用する環境マネジメントシステムの要求事項を規定している。」とあります。要するに環境に悪い影響があると想定される事態に際して、「それを発見して管理して改善する」こういう仕組みを持っている組織であるという事の証明ということ。日本では1996年の10月に法律によって制定されました。TOWはJQA(日本品質保証機構)の審査により2000年12月に認証取得しています。

私たちの姿勢

1.地球の環境保全問題 〜イベントはゴミがでるもの〜

私たちの仕事は常にお客様とのフィールドを中心としたコミュニケーションがメインとなります。一般に言われているイベントの代名詞とも言うべき「展示会」や「博覧会」、「街頭のステージイベント」などもフィールドのコミュニケーションの代表例です。それらのイベントをご覧になった皆さんはお気づきかと思いますが、会場にはとても派手は装飾が施されていると思います。従来のわたしたちの業態ではその殆どがイベント終了後には可燃ゴミとなっていました。

2.提案会社としてリーダーシップをとっている立場の責務

今現在、世の中のあらゆる企業が環境保全、環境対応、そして環境を営業ツールとして業態を広げる「環境経営」にまで着手している事は皆さん周知のことと思います。私たちTOWは単体のイベント業種でのNO1企業として、このイベント業を続けるに当たり、環境問題を積極的に取り組む義務があると確信しています。

3.社員の現在意識啓蒙

とても重要な課題のひとつに、「社員ひとりひとりがこの問題を意識する」ということが挙げられます。私たちは、各部門のすべての社員が定期的に基礎的な環境問題知識や法規、そして業種・セクションの抱える問題点を話し合い、その問題点に対し社員のひとりとしてどう取り組むべきかという会議を継続し、その改善記録を蓄積しています。それは日々の業務の中、決して楽な行為ではありませんが、「まず意識から変わる」「私たちにもできることがある」「動く事で必ず成果が現れる」ということを社員自身が実践しているということにとても大切な答えが隠されていると考えています。

私たちの活動

活動1 株式会社テー・オー・ダブリューは、イベント業界の社会的認知との発展に寄与する当社環境に取り組む基本理念と方針は、ここから、そして社員ひとりひとりがこの理念に基づいた運営計画を所持しています。
活動2 わたしたちの会社組織を重視した運営組織(環境マネジメントシステム体制)を立ち上げ、それぞれの部門における課題を抽出し、その解決を実践しています。
活動3 わたしたちの業務の中で最も環境に対しネガティブな影響があると判断した課題を掲げその解決策を年間で行動するシステム(環境マネジメントプログラム)を作り実践しています。主な内容としては社内では紙の使用量の抑制(オフィス編)、社外では毎年見直しを図る成長プログラムとして「環境保全8ヶ条」の推進を取り組んでいます。

理念

株式会社テー・オー・ダブリューは、当社が関わるイベント・プロモーション事業を通じて、地球環境の保全とその創造が経営の最重要課題の一つであることを認識し、省資源化による環境保全活動を積極的に展開することで、21世紀の住みよい社会づくりに貢献する。

環境基本方針

方針1 地球環境の保全活動を推進する組織を整備する。
方針2 環境関連の法律、規律、協定などを遵守する。
方針3 企業活動のすべての領域で「環境保全活動」について目的・目標を設定し、資源有効利用の提案と実践活動を通じてその実現を図るものとし、「リサイクル」、「リユース」、「リデュース」の3Rの視点で毎年見直すことにより、環境マネジメントシステムの継続的改善と汚染の予防を推進する。
方針4 事業活動のあらゆる領域で環境負荷低減に配慮したイベントの啓蒙と提案を行い、イベント業界の社会的認知と発展に貢献する。
方針5 環境教育活動を推進し、当社における環境行動の基盤である全従業員の意識と知識の向上を図る。
方針6 地域社会との交流、情報の公開、外部機関への協力等を積極的に行い、社会と共生した環境行動を推進する。

この環境基本方針は、社内外に公表する。

2012年7月1日
株式会社テー・オー・ダブリュー
代表取締役社長 江草康二

ISOに関するお問い合わせ

株式会社テー・オー・ダブリュー
E-mail:tow_info@tow.co.jp

東京都港区虎ノ門四丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル3F 
TEL:03-5777-1888